日本で発売している4WDシステムの種類やメリット・デメリット

目安時間:約 7分

日本ではさまざまな種類の4WD車が発売されています。

 

そして、現在発売されている4WDシステムは、大きく分けて5つあります。

 

そこで、日本で発売されている4WDシステムの形式と、メリット・デメリットについてお話ししますね。

 

 

かんたん&手間なしで愛車を高く売ることができるサービス
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 車買取一括査定は、たくさんの電話がかかってくるから嫌
  • かんたんな方法で、愛車を高く売りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、40万円以上も高く売ることができる可能性があります。

車査定・買取の窓口

アクティブオンデマンド4WD

電子制御カップリングにより、2WDと4WDをコンピューターによる電子制御でコントロールして、リアルタイムで前後のトルク配分を変更できるようにした4WDシステムです。

 

状況に合わせた最適なトルク配分をするなど、高度な車両制御を行います。

 

通常は2WDで悪条件下では直結4WDや、常時4WDながら前後のトルク比を変更するタイプがあります。

 

現在、普通の乗用車に搭載されている4WDは、ほとんどアクティブオンデマンド4WDです。

 

フォレスターやCX-3、レヴォーグ、エクストレイルなどに搭載されています。

 

 

【アクティブオンデマンド4WDのメリット】

状況に合わせてエンジン、ブレーキ制御とも高度な車両制御が可能で、最適な駆動力を発揮します。

 

【アクティブオンデマンド4WDのデメリット】

エンジンなどと協調制御を行いますが、性能を最大限発揮するためには、緻密が制御が必要となります

 

 

電動独立式4WD

電動独立式4WDは、後輪を電動モーターで駆動させる4WDシステムです。

 

後輪を必要な時だけ電動モーターで駆動する簡易的なeー4WDと、トヨタE-Fourなどのようなモーターで積極的に制御するハイブリッド4WDがあります。

 

マーチ、ハリアー、アルファード/ベルファイアなどに搭載されています。

 

 

【電動独立式4WDのメリット】

前後輪を独立して制御できるので、機械的な4WDよりも緻密で自由の高い挙動制御が可能です。(ハイブリッド4WD)

 

【電動独立式4WDのデメリット】

あくまで発進時のサポートがメインの4WDシステム。(eー4WD)

 

 

センターデフ式フルタイム4WD

センターデフを追加して、常時安定した4WDで走れるようにした4WDシステムです。

 

機械式LSD付きが対象ですが、ビスカスカップリング式、電子制御カップリング付きもあります。

 

WRX ST-i(機械式と電子制御カップリングの複合)に搭載されています。

 

 

【センターデフ式フルタイム4WDのメリット】

あらゆる状況で4輪すべてに適切なトルク配分が行われるので、安定感はバッチリです。

 

【センターデフ式フルタイム4WDのデメリット】

常に4輪が駆動しているので、ロスが発生し、システムも複雑&重いので燃費が悪いです。

 

 

パッシブオンデマンド4WD

タイヤが滑ったら(スリップしたら)初めて4WDに切り替わる4WDシステムです。

 

高粘度のオイルの抵抗を利用して多板クラッチを作動させますが、前輪がスリップしてから後輪へトルク配分します。

 

シンプルな構造で低コストで作れるため、軽自動車やコンパクトカーに採用されることが多いです。

 

ハスラー、ワゴンR、キャスト、デイズ、eKワゴンなどに搭載されています。

 

 

【パッシブオンデマンド4WDのメリット】

低コストで作ることができ、室内空間への影響も最小限です。ドライバーの操作や複雑な制御も不要です。

 

【パッシブオンデマンド4WDのデメリット】

滑ってから4WDになるため、タイムラグがあります。雪道などでの坂道発進などでは、他の4WDシステムよりも劣ってしまいます。

 

 

パートタイム4WD

4WDとして最初に定着したシステムです。

 

ボタンやレバーで2WDと4WDの切り替えが可能で、通常時は2WDで走行し、必要な時だけ直結4WDに切り替えるという使い方が一般的です。

 

悪路走破性に重点を置いた4WDシステムで、速度切り替えできる副変速機を搭載しています。

 

ジムニー、ジムニーシエラ、FJクルーザーなどに搭載されています。

 

 

【パートタイム4WDのメリット】

悪路走破性が圧倒的に高いです。

 

【パートタイム4WDのデメリット】

4WDで舗装路を走ると、タイトコーナーブレーキ現象が発生してします。

 

また、いつ切り替えるかは、ドライバーの的確な判断が必要になります。

 

※タイトコーナーブレーキング現象とは、ハンドルをいっぱいに切って曲がったときに、ブレーキがかかったようなギクシャクした挙動になってしまう現象のことです

 

 

現在、日本で発売されている4WDには、この5つの種類があります。

 

それぞれ、メリット・デメリットがありますので、これから4WD車を購入する予定の人は、自分の欲しい車の4WDシステムの特徴を知っておいてくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車の基本 

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ