走行距離や保管場所などで変わる“車の流動的な費用”とは?

目安時間:約 7分

車は、購入するにもかなりの金額がかかりますが、購入後もいろいろな維持費がかかります。

 

税金や保険料などは、一回に支払う金額も高額だし、ガソリン代は日常かかる費用なので、維持していくだけでもかなりの金額が必要です。

 

そこで前回、「車の走行距離や使い方にかかわらず、車を所有しているだけで発生する固定的な費用」についてお話ししました。

 

※車は持っているだけでも、いろいろとお金がかかります

車の維持費の種類。所有しているだけで発生する”固定的な費用”

 

今回は、『使い方や保管場所などで費用が変わる“流動的な費用”』についてお話ししますね。

 

流動的な費用には次の4つがあります。

 

・ガソリン代
・高速道路通行料金
・駐車料金
・車検や点検費用

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ガソリン代は走行距離やガソリンの種類によってもかかる費用が変わる

車を走らせるためにはガソリンは必要なので、ガソリン代は避けて通れない費用です。

 

車を使う頻度によっても違ってきますが、維持費の中でも大きな割合を占めています

 

そのため、年間の走行距離が多くなるほど、ガソリン代も高くなり、維持費も多くなってしまいます。

 

 

今の単価は、レギュラーガソリンが1リッター当たり140円、ハイヨクが150円、ディーゼルの軽油は120円くらいです。

 

レギュラーを使う車で、実燃費(JC08モード燃費の約85%)が15kmとすると、1年間に1万kmの走行でガソリン代は約9万3000円です。

 

高級車でハイオクを使用すると、もっと高くなります。

 

 

ガソリン代を抑えるには、燃費のいい車を買うと負担を減らすことができます

 

最近では、ハイブリッド車や第三のエコカーなどがとくに人気です。

 

 

高速道路通行料金は、ETCの利用で節約できる

高速道路の通行料金は、ユーザーによって金額に大きな違いがあります。

 

自宅の周辺を走るだけなら高速道路を使いませんが、旅行など遠方へ行く機会が多い人は、通行料金は多くかかります。

 

お金を節約するために一般道路を使う人もいますが、ガソリン代や時間の節約を考えれば、有料道路の方が得になる場合もあります。

 

 

高速道路通行料金の節約は、ETCを装着して通行料金をカードで引き落としにするのがおすすめです。

 

ETCを使って休日に高速道路を通行すると、料金が30%割引きになるなど、いろいろな割引きサービスを受けることができます。

 

ETCの装着コストは、セットアップ費用を含めて3万円くらいかかってしまうので、頻繁に高速道路を使う人は装着がおすすめです。

 

 

駐車料金は、ガレージがないとかかってしまう費用

車を所有するためには、車の保管場所が必要です。

 

自宅にガレージがある人はいいのですが、ガレージがない場合には月極めの駐車場を借りる必要があります。

 

月極めの駐車場代は、5000円以下から4万円前後と幅があり、駅が近い場所は郊外に比べるとかなり高くなります。

 

駐車料金は、月1000円違うと年間で12000円の差がでます。

 

節約のためにも、安い駐車場が無いかチェックするといいですよ。

 

 

他にも、外出した時の駐車料金も維持費に入ります。

 

デパートで買い物をしないのに駐車場を使ったときは、車を止めたデパートの商品券を買うと駐車料金を節約できます。

 

商品券の購入で駐車券をもらえて、別の機会に商品券で買い物をすれば、改めて駐車券が手に入ります。

 

このように、外出時の駐車料金は少し頭を使うと節約できますよ。

 

 

車検や点検費用の節約したいなら、ディーラ―の割安なコースもおすすめ

車検は、新車を購入した後の3年後に受けて、その後は2年ごとになります。

 

車検が切れたまま運転をすると、道路交通法違反となり6点の減点になってしまいます。

 

 

車検費用は、2000ccクラスの車種で、技術料金と継続検査料で2万5000円~3万円くらいです。

 

さらに、2年分の重量税と代行手数料、印紙代などを加えて総額で9万~10万円になります。

 

 

ディーラ―では、数回にわたる点検費用をパックにした割安なコースも設けているので、新車購入時に加入を検討するのもおすすめです。

 

点検コースは、定期的にオイル交換やワイパーゴム交換をしてくれるので、過走行気味のユーザーには特にお得なパックですよ。

 

 

車には消耗品のパーツが多くあるため、定期的に点検や整備を行うのがおすすめです。

 

これを怠っていると、大きな故障になり修理費用が高額になってしまいます。

 

事故を起こさないためにも、日ごろの点検を心がけてくださいね。

 

 

このように、車を維持するには、たくさんのお金がかかります。

 

できるだけ出費をおさえる工夫をしながら、楽しいカーライフを送ってくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車の基本 

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ