車のエンジンの種類とメリット・デメリット|ターボ、ディーゼル、ハイブリッド

目安時間:約 7分

近年の車には様々なエンジンがありますが、大きく分けて、

 

・ノーマルガソリンエンジン

・ガソリンターボ&スーパーチャージャー

・ディーゼルターボ

・ハイブリッド

 

に分けることができ、どのエンジンにも特徴があります。

 

そこで、各エンジンのメリット・デメリットについて、簡単にお話ししますね。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ノーマルガソリンエンジンとは?メリット・デメリットは?

ノーマルガソリンエンジンとは、ターボなどを装着しないエンジンのことです。

 

エンジンの中でもっとも価格を安く抑えることができ、いまでも数多くの車に搭載されています。

 

機能的には地味ですが、最近はアイドリングストップの装着や燃焼効率の向上で、燃費性能も上がっています。

 

お買い得なエンジンです。

 

 

【ノーマルガソリンエンジンのメリット】

機能がシンプルなので価格が割安で、搭載車種も多いためコスト削減も図りやすいです。

 

運転感覚も自然な印象です。

 

近年は優れた燃費性能を達成できるようになったため、年間走行距離が5000km程度の場合は、価格の高いハイブリッドよりも、ノーマルガソリンエンジンの方が総合的に割安になります。

 

 

【ノーマルガソリンエンジンのデメリット】

動力性能や燃費性能が、際立って優れているわけではなく、機能的に地味です。

 

 

ガソリンターボ&スーパーチャージャーとは?メリット・デメリットは?

ターボもスーパーチャージャーも過給機を装着したエンジンです。

 

圧縮された空気を燃焼室に送り込み、多量の燃料を燃焼させることで、排気量の割に高い出力を得ることができます。

 

ターボは排気ガスを利用して過給機を動かし、スーパーチャージャーはエンジンの力で過給機を動かします。

 

 

昔は、高性能なエンジンに使われていましたが、近年は、燃費を向上させるために使われるようになっています。

 

大排気量のエンジンを小さな排気量に抑えて、通常の走行では低燃費走行を行い、加速やパワーを必要とするときはターボを加速させるという方法です。

 

 

また、ターボは軽自動車に有効です。近年の軽自動車は車両重量が重くなっています。それでいて排気量は660ccなので、どうしてもパワー不足になりがちです。

 

そこでターボを装着するというわけです。

 

ターボにより最大トルクは、ノーマルエンジンの150~170%に増えますが、燃費は10~15%程度しか悪化しないんですよ。

 

 

【ガソリンターボ&スーパーチャージャーのメリット】

排気量を大きくすることと同等の効果があり、幅広い回転域で駆動力を高めることができます。

 

 

【ガソリンターボ&スーパーチャージャーのデメリット】

ターボやスーパーチャージャーを装着する分、価格が高くなってしまいます。

 

燃費の向上率も、車種によって差が出てきます。

 

 

ディーゼルターボとは?メリット・デメリットは?

ディーゼルエンジンは、軽油を燃焼させるエンジンで、ガソリンエンジンと比べると熱効率が高いです。

 

低回転域で余裕のある駆動力(トルク)を発生し、燃料の消費も抑えやすいです。

 

ただし、排気量の割には発生する出力が小さいので、ターボで動力性能を高める手法が普及しました。

 

昔は、人体に有害なNOxなどの排気ガスを排出することが問題でしたが、近年はクリーン性能が高まり排出量は削減しました。

 

 

ターボを装着するので、ノーマルガソリンエンジンよりも価格が高くなってしまいますが、日本では軽油が安いので、総合的に考えれば価格はあまり変わりません。

 

 

【ディーゼルターボのメリット】

低回転域での駆動力に余裕があり、燃費性能も良いです。

 

燃料代の単価も安く抑えています。

 

 

【ディーゼルターボのデメリット】

高回転域の吹きあがりが鈍く、車種によってはノイズと振動が気になります。

 

 

ハイブリッドとは?メリット・デメリットは?

エンジンとモーターの両方を搭載していて、効率よく使い分けるのがハイブリッドです。

 

従来の車では減速時のエネルギーが無駄になっていました。

 

この減速エネルギーで発電を行い、その電気を駆動用電池に蓄えて、モーターとエンジンを併用する仕組みです。

 

そのため、燃費が優れています。

 

 

【ハイブリッドのメリット】

エンジンを停止させた状態で走る(モーターで走行している状態)ことも多く、燃料を効率よく節約できるので燃費が良いです。

 

 

【ハイブリッドのデメリット】

モーター/駆動用電池/制御機能が必要不可欠なので、ガソリンエンジンよりも数十万円以上も価格が高くなります。

 

 

それぞれのエンジンには、このようなメリット・デメリットがあります。

 

今後、車を購入する時は、エンジンにもこだわってみてください。

タグ:  

カテゴリ:車の基本 

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ