近年の多いバスの火災の原因は?構造と人為的ミスが要因!?

目安時間:約 7分

近年、バスの火災が多いそうです。

 

なんと毎年2ケタもバスの火災事故が起こっていんです。

 

ですが、なぜこんなにもバスは火災事故を起こしているのでしょうか?

 

なぜバスは、これほどたくさん火災事故を起こしている?』についてお話ししますね。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

バスの火災事故は、毎年2ケタ件も起こっている

まず、バスの火災がどのくらい起こっているかというと、以下のように、平成15~18年の4年間で86件、平成19~22年の4年間で61件、この8年間で147件も起こっているんです。

 

事業用バスの火災事故(平成15年~平成22年)
平成15年中発生16件
平成16年中発生31件
平成17年中発生22件
平成18年中発生17件
平成19年中発生18件
平成20年中発生10件
平成21年中発生16件
平成22年中発生17件

(引用元:ベストカー)

 

 

さらに、最近もバスの火災事故が起こっていて、2015年8月18日に新潟県内の磐越自動車道を走行していた高速バスが出火。

 

乗員、乗客は無事でしたが、バスは全焼したんです。(走行中にエンジン付近から火が出ていることに運転手が気づき、バスを停止させたそうです)

 

このように、毎年2ケタ件も、全国で事業用バスの火災は起こっているんです。

 

 

なぜバスは火災を起こしてしまうの?

では、なぜバスは、火災を起こしてしまうのでしょうか?

 

バスに詳しい西村直人さんいわく、以下のような理由があるようです。

 

「そもそもの要因としてはバスの特徴的な構造にあると思います。

 

バスはRRです。リア駆動、リアエンジンですね。なのでフロントにエンジンのある一般的な乗用車とは違って、走行中に風が当たりにくいという問題もあります。乗客の乗車スペースを考えるとリアにエンジンを搭載することが効率的ですが、風が抜けない場所で熱がこもりやすいという弊害もあります。

 

また最近のエンジンの進化もひとつの影響なのかなと思います。たとえば昨今は乗用車でもダウンサイジングターボがトレンドになってきていますが、商用車の世界では以前から大型のトラックやバスに導入が進んでいて、だんだん小排気量ターボエンジンが増えてきています。

 

しかしながら、バスは大きく重く、エンジンにかかる負荷は乗用車の比ではありません。もしかしたら重い負荷がエンジンにかかってしまい、タービン近辺から出火してしまう要因があるかもしれません。とは言っても当然ながらメーカーはそんな対策はしていますし、私も2日間で数千km乗ったりしますが火災が起きたことなんて一度もありませんよ。」

(引用元:ベストカー)

 

このように、エンジンが積まれている位置と小型化により、熱がこもる⇒火災となっていると考えられるんです。

 

ポルシェも同じくRRですが、バスのように全長が長くないので、走行風をエンジンルームに送ることができます。

 

けれど、バスは全長が10m以上もあるため、走行風をエンジンルームに送ることが難しく、熱をこもらせてしまうことになるんです。

 

 

ただし、ここで一つ注意点があります。

 

このように書くと、バスは危険な乗り物と感じるかもしれませんが、それは誤解です。

 

実は、普通乗用車でも火災事故は起こっていて、なんと昨年だけで465件も発生しているんです。

 

さらに、この後お話ししますが、バスの火災の原因は、人為的ミスがかなり多いんですよ。

 

 

バスの火災の多くは、ヒューマンエラー

バスの火災の原因は、不明を除くと、以下のように圧倒的に「点検整備不十分」が多いんです。

 

事業用バス火災事故原因(推定も含む)
平成15~18年平成19~22年
点検整備不十分28件15件
整備作業ミス14件10件
ウエス等着火4件1件
サイドブレーキ戻し不足4件2件
設計・製作上の問題6件1件
不明・その他32件32件

人的なミス以外の「設計・製作上の問題」(リコール)などはわずかな数だ(一部原因重複あり)

(引用元:ベストカー)

 

 

点検整備不十分とは、長い間、整備をしていなかったり、定期交換部品を変えていなかったりすることが原因ということです。

 

同じく、出火原因の2位の「整備作業ミス」は、整備で部品の取り付けなどが不十分だったり、取り付け方が間違ったりしていたということです。

 

このように、バスの火災の原因は、ヒューマンエラーによるものが多いんです。

 

また、出火しているバスも、走行距離が100万kmを超えた古いバスばかりでなく、20万km以下の新しいバスも火災を起こしていますよ。

 

 

結果として、バスの火災は、人為的ミスとバスがもつ構造的な要因が結びついたから起こってしまようです。

 

そのため、ミスなくしっかり点検整備されていれば、バスの火災はかなり低いということなんですよ。

タグ:  

カテゴリ:車ニュース 

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ