ガソリン満タン&灯油プラス1缶運動。もしものときの備えを

目安時間:約 6分

2017年9月1日から「満タン&灯油プラス1缶運動」が始まりました。

 

ガソリンスタンドの全国組織の全石連(全国石油商業組合連合会)と、47都道府県石油組織などが、災害対策のために始めた運動です。

 

「満タン&灯油プラス1缶運動」とは、どのような運動なんでしょうか?

 

そこで、『ガソリン満タン&灯油プラス1缶運動』についてお話しします。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

「満タン&灯油プラス1缶運動」は、災害直後の混乱を防ぐための災害対策運動

「満タン&灯油プラス1缶運動」とは、車のガソリンを常に満タンにし、暖房に灯油を使っている人はもう1缶余裕を持って常備しておこうというのもで、全石連と47都道府県の石油組合などが提案する“災害対策運動”です。

 

 

この「満タン&灯油プラス1缶運動」が始まったきっかけは、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震の直後に、燃料を求める車や人によって多くのトラブルが起こりました。

 

災害発生直後の混乱を、少しでも未然に防ぎたいと「満タン&灯油プラス1缶運動」を始めたんです。

 

 

2011年3月11日の東日本大震災では、各地で地震発生後しばらくの間、ガソリンや灯油を購入する車や人で大混雑し、燃料の入手がかなりに困難になりました。

 

このとき、給油の順番や給油量、給油の可否などについてドライバーとガソリンスタンドの店員、そしてドライバー同士でトラブルになりました。

 

また、救急車や消防車など、緊急車両への優先給油ができなかったり、各家庭への灯油の配達に支障がでたりする事態も起きたんです。

 

 

今後、災害が起こったとき、同じような状態に陥らないために、「満タン&灯油プラス1缶運動」が提案・推進されているんです。

 

 

ガソリンを満タンすること、灯油を1缶余分に置くことは、食料や水を備蓄するのと同じ

「満タン&灯油プラス1缶運動」の具体的な方法は、ガソリンは「一度満タンにしたら、その後は燃料計が半分くらいになったら、再度満タンにすること」で、灯油は「1缶余分に買い置くことを心がける」です。

 

災害時「満タン&灯油プラス1缶運動」の効果

【ガソリン満タン時】

アイドリング状態で約40時間車内で過ごせるので、プライバシー空間としての車内が情報収集拠点としても利用できる

 

400km程度の移動が可能になる(タンク容量、車両燃費により異なる)

 

 

【灯油(18L)一缶余計に持つ】

暖かい空間を85時間程度維持できる(和室7帖間を中燃焼した場合)

 

・ホームタンクを使っていても、1缶余分に持つことで災害時の安心度が高まる

 

 

ガソリンを満タンにすると、「危険性が高まる」「燃費が悪くなる」などの懸念を持つ人もいると思いますが、車の構造上、ガソリンを満タンにしても危険ではありません。

 

携行缶などで保管するより、はるかに安全です。

 

 

燃費に関しては、車両重量がかさむと少しは影響が出ることもありますが、運転の仕方や道路状況などでも燃費は変わります。

 

車の中に、余分なものを置かないだけでも車内は軽くなるので、燃費は改善されますよ。

 

 

そして、一番懸念されるのは「常にガソリンを満タンにすると、経済的に負担が大きい」ということです。

 

確かに、給油回数は増えますが、1回の給油量が少ないので、総給油量に変わりはありません。

 

全石連が推奨するように、メーターの針が半分を指したときに、給油すれば満タン時の半分の金額で済みます。

 

 

ちなみに、灯油は、オフシーズンは備えなくても大丈夫です。

 

また、翌シーズンに持ち越した灯油を使うと、暖房機器の故障の原因となることがありますので、余分に購入してある分もシーズン中に使い切ってくださいね。

 

 

石油製品は、非常食や飲料水のように、簡単に“備蓄”することができません。

 

災害発生時の“安心”のために、車は常に満タンを心がけて、暖房用の灯油は1缶余分に買い置くことを心がけるのがおすすめです。

 

燃費の向上か、災害時の安心か、どちらを選択するかは自分の判断ですが、もしものために保険なんですよ。

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

たった3分で最大30社から見積りがもらえる

大手企業から地域密着の中小買取店まで幅広く提携し、査定を受けることができるので、意外な高額査定が出ることも。最大30社から査定を受けることができ、実際に査定を受けるお店を自分で選ぶことができるのが特徴です。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
悩み別ランキング
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ