輸入車と日本車の違い。輸入車は維持費は高い?故障しやすい?

目安時間:約 11分

最近では、輸入車もリーズナブルな価格の車種があり、輸入車を身近に感じることが多くなりました。

 

ただ実際に輸入車に乗るとなると、すぐ壊れないか、維持費は高いのかなど不安に感じること多いです。

 

そこで、安心して輸入車に乗るために『日本車と輸入車の違い』についてお話ししますね。

 

実は、最近の輸入車の品質や維持費は、日本車とそんなに差はないんですよ。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

日本車と輸入車の仕様の違いは?

「日本車と輸入車の仕様の違いはどこ?」といわれて、多くの人が一番初めに思いつくのは「ハンドルの位置が右と左で違う」ですよね。

 

かつて、日本車は右ハンドル、輸入車は左ハンドルが当たり前でした。

 

しかし、ドイツ車を中心に1990年前後から、輸入車の右ハンドルが急激に広まりました。

 

2000年代以降は、輸入車の8~9割が右ハンドルになっているんです。

 

 

しかし、ハンドルの位置が右に変わっても、ウインカーとワイパーの位置は、今でも日本車とは反対です。

 

そのため、ウインカーを出すつもりで、ワイパーを動かしてしまうなんてことは、輸入車初心者にはよくあることです。

 

 

また、日本車では“電動格納ドアミラー”は当たり前になっていますが、輸入車は電動になっていないことが多いです。

 

いまだに手動だったり、電動でたためても中の配線がむき出しになってしまうことがあります。

 

日本は、歩行者などに接触した場合に、衝撃を緩和できる構造(可倒式、脱落式、回転式など)にするよう法律で決まっています。

 

そのため、正規輸入車の場合は、格納できるタイプにはなっています。

 

 

現在の輸入車は、多少の仕様の違いはまだありますが、右ハンドル車の増加により日本車と変わらない運転ができるようになっています。

 

 

輸入車の維持費は日本車と比べるとかなり高い?

日本車と輸入車の維持費がどれくらい違うか、同じ排気量の車で比較しました。

 

比較する車は、「スバル・レヴォーグ」と「メルセデスベンツ・A180」です。

 

それぞれのスペックはこちらです。

 

●日本車 スバル・レヴォーグ
・総排気量1599ccDOHC 直噴ターボ“DIT”
・最高出力170/4800-5600(PS/rpm)
・最大トルク25.5/1800~4800(kgf・m/rpm)
・全長4690×全幅1780×全高1485mm
●輸入車 メルセデスベンツ・A180
・総排気量1595ccDOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
・最高出力122/5000(PS/rpm(EEC))
・最大トルク20.4/1250~4000(kg・m/rpm(EEC))
・全長4300×全幅1780×全高1435mm

 

A180レヴォーグ
①自動車税39500円39500円
②自動車保険(人身傷害)料率クラス○料率クラス○
③自動車保険(車両保険)料率クラス○料率クラス○
④車検(車検のコバックで比較)48800円(税抜)36700円(税抜)
⑤リサイクル料金19830円×13990円
⑥JC08モード燃費17.6km/L17.6km/L
⑦車内クリーニング国産車の1.2~1.6倍×7500円
⑧駐車場断られることあり場所による

※⑦カーコンビニ倶楽部「ベーシック【車内清掃+光触媒施工】料金」で比較

◎→国産車と変わらない、または輸入車の方が安い

△→輸入車のほうがやや、高い

×→輸入車の方が圧倒的にたかい

(引用元:自動車完全ガイド)

 

 

表から2車種の維持費を比べてみると、輸入車の方が全般的に高くなりますが、意外にも大きな差はないです。

 

 

自動車税は、排気量ごとに設定されているので、同じ金額になります。

 

自動車保険については、車両料率クラスによってきまるので、事故率が高かったり、修理費が高い車は保険料も高くなってしまいます。

 

車検は輸入車の方が高いですが、これは車検費用が高いのではなく、整備費用や部品代が高いため総合すると日本車より高くなってしまいます。

 

リサイクル料金も、全般的に輸入車が高いです。

 

 

JC08モード燃費については、今回比較したレヴォーグとベンツA180は同じ数字ですが、一般的には日本車の方が燃費がいいです。

 

 

車内クリーニングは、万が一にも洗車中に部品を壊してしまったり、傷をつけてしまったときにの修理代が高いため、日本車より高くなっています。

 

駐車場に関して、地方では「外車お断り」となっているところもあるので、輸入車が駐車できるか確認が必要になってしまいます。

 

 

このように、輸入車で高いのは、車検代と洗車、車内清掃、そしてリサイクル料金です。

 

とくに、輸入車ディーラーでの車検は、高額になることもあるので、見積書の確認をよくして下さい。

 

維持費に関しては“かなり”というほど違いはありませんが、輸入車は部品代が高いため、それにかかわる内容は全体的に高くなってしまう傾向なっています。

 

 

輸入車は、日本車と比べて故障が多い?

日本の気候は高温多湿で、都市部では渋滞も多いので、この環境に慣れていない輸入車にとっては厳しい走行環境です。

 

そのため、昔の輸入車は、故障が多くありました。

 

しかし、2000年以降、自動車メーカーのグローバル化が急速に進んだため、輸入先の環境に合わせた改善が行なわれるようになりました。

 

輸入車の品質は向上し、故障もひと昔よりかなり少なくなっています

 

また、インターネットの普及により中古部品の流通も盛んになったため、修理費用が安く抑えられるようになりました

 

 

新車で輸入車を購入すると新車保証がつきますが、内容は日本車と同じで3年間ついていて期間延長も可能になっています。

 

この新車保証が、トラブルや故障を大幅に減少している要因のひとつなんですよ。

 

「輸入車は壊れやすい」は昔の話で、今は安心して乗ることができます。

 

 

輸入車は、認定中古車と普通の中古車ではどちらがいい?

認定中古車とは「正規の販売店が規定に基づいて整備や補修を行なった上で保証を付与した“良質な中古車”」のことをいいます。

 

正規輸入の中古車が対象で、一般的には初年度登録から5年未満かつ走行距離は6万km未満などの車に設定されます。

 

また、走行距離や年式によって、認定レベルを2-3段階に設定しているケースもあります。

 

中古車の厳正な評価のため、AISなどの第3者機関による車両品質評価を受けているメーカーもあるんです。

 

 

認定中古車は、納車前の点検項目が100項目近く設定され、徹底した整備や点検が行われます。

 

購入後の補償は、2年間と長くついているので安心です。

 

 

デメリットは、まだ使えそうな部品も惜しみなく交換するので、価格が高めになってしまうことです。

 

しかし、初めて輸入中古車を購入するなら、安心を考えて認定輸入中古車がおすすめですよ。

 

 

輸入車ディーラーのアフターメンテナンス保証はどうなっているのか?

正規輸入車の新車保証は、日本車と同じで初年度登録から3年間/6万kmが一般的です。

 

この期間内の故障は、無料で交換や修理をしてくれます。

 

また、多くの正規輸入車販売店では延長保証も導入していて、新車保証が過ぎたあとの1年または2年間も同様の内容で保証してくれます。(延長保障とは、有料で保証期間を延ばすサービスです)

 

 

輸入車は、故障すると場合によってかなり高い請求額になることがあります。

 

なので、できるだけ延長保証には入っておくといいですよ。

 

新車保証には、エマ―ジェンシーサービス(緊急事態に対応してくれるサービス)が付いているところも多いので、万が一のときも安心です。

 

 

このように、輸入車は、日本車と変わらず安心して乗ることができます。

 

購入に迷っている人は、一度ディーラーを訪れて、営業マンに話を聞いてみるといいですよ。

タグ:  

カテゴリ:車の基本 

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ