車内のダニの駆除方法。放置するとアレルギーになることも

目安時間:約 7分

愛車のボディを洗車をする人は多いですが、車内までていねいに清掃する人は意外に少ないです。

 

車の中の汚れは意外と目立たないため、ついついおろそかになってしまいます。

 

ですが、車内も土足で出入りするため、泥やホコリ、食べ物のカスなど想像以上の汚れが潜んでいるんです。

 

とくに怖いのが、マットやシートに生息している“ダニ”で、アレルギーを引き起こす原因のひとつなんですよ。

 

そこで、『車内のダニの駆除方法について』お話ししますね。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ダニ駆除のポイントは、換気と日光消毒、フロアマットのクリーニングを丁寧にすること

ダニは、新車にも生息しているといわれていて、体長はわずか0.5mmと肉眼で確認することはほとんどできない生き物です。

 

車内に生息するダニの多くは、人体に直接害のない「コナダニ」や「チリダニ」と呼ばれる種類です。

 

「人体に影響がなければ別にいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、ダニの糞や死骸を呼吸で体内に侵入させるとアレルギーを引き起こすこともあるんです。

 

車内を安全で気持ちのいい空間にするためにも、ダニの駆除は大切なことなんです。

 

 

車内のダニを駆除するには、はじめにすべてのドアを開けて、車内全体に風を通しながら日光消毒をします。

 

そして、ダニの住んでいるフロアマットやフロア、シートの掃除を行います。

 

ダニは「潜り込む」「ホコリの中に住む」という習性があるので、毛先の長いフロアマットはとくに注意してください。

 

 

まずは、足元のフロアマットから掃除をします。

 

フロアマットは、洗剤使ってしっかりブラッシングをして、泡がなくなるまで大量の水で洗い流します。

 

フロアマットは、乾くまでに時間がかかりますが、水分が残った状態でフロアに戻すのは絶対にNGです。

 

生乾き状態だとカーペットをカビさせるだけでなく、湿気を好むダニを再発生させる原因にもなってしまいます。

 

素早く乾かすために、洗濯機の脱水を利用するのもおすすめです。

 

 

はじめにフロアマットを洗っておけば、シートなどの清掃が終わったころには、フロアマットは乾いているので効率的ですよ。

 

 

シートやフロアのダニは、かきだして&叩きだして掃除機で吸い込む

丸洗いのできないフロアのカーペットや布張りのシートの汚れは、吸引力の強い家庭用の掃除機とブラシ、シートクリーナー(内装用のケミカル剤)を使って掃除します。

 

 

まずは、掃除機から行います。

 

掃除機がけは、ただ掃除機の吸い込み口を表面に当てて滑らせるだけでは、ダニの駆除はできません。

 

カーペットは、比較的毛先の硬いブラシを使って、汚れをかきだしながら掃除機でゴミやホコリを吸い取ります

 

シートは、ブラシの柄や布団たたきなどを使って表面を叩き、ホコリを叩きだしながら掃除機で吸い取ってください

 

お菓子の食べ残しや髪の毛、フケなど、たんぱく質のものがダニのエサになるため、掃除機かけは丁寧にしっかり行ってくださいね。

 

とくに布張りのシートは、奥深くまで入り込んだホコリを吸い取ると、新車のときのようにフカフカになって、心地いい座り心地がよみがえりますよ。

 

 

掃除機をかけ終わったら、続いてシートやフロアの頑固な汚れ(シミなど)取り除きます。

 

ここで、シートクリーナーの出番です。

 

泡状の液剤をシートやカーペットにスプレーをして、汚れが浮き出たら乾いたウエスでサッと拭き取ります。

 

直接、ダニが駆除できるわけではありませんが、ダニのエサになる汚れを取り除くことができます。

 

 

靴底の汚れが付着したペダルは、薄めの洗剤を使ってブラッシングをします。

 

滑ってペダルを踏み外す危険があるため、間違ってもツヤ出し剤は使わないでくださいね。

 

すべての清掃が終わり、乾いたフロアマットを戻したらダニ駆除は完了です。

 

 

ラゲッジルーム(トランクルーム)の清掃も忘れずに行う

車内清掃と一緒に、ラゲッジ(トランク)ルームの清掃も行ってください。

 

ラゲッジルームも、濡れたままの傘や釣り道具を乗せると湿気がこもってダニが発生しますし、ザビを誘発することもあります。

 

ひどい場合は、ラゲッジルーム内の異臭が車内に漂ってくることもあるんです。

 

 

ラゲッジルームの清掃は、車内清掃のときと同じように、はじめに開け放って日光消毒を行います

 

カーペットが取り外せる場合は、陰干しをしてください。

 

 

つぎに、掃除機がけを行い、ひどい汚れはクリーナーを使ってふき取ります。

 

 

ラゲッジルーム内のこもる湿気の対策としては、掃除が終わったら家庭の押し入れなどに置いておく「湿気取り」をラゲッジルームに置くといいです。

 

なんと、屋外駐車場の場合は、1~2ヵ月程度で湿気取りが満タンになるくらい湿気があるんですよ。

 

タイヤ交換など万が一のことも考えて、ラゲッジルームにはできるだけ余計なものを載せない方がいいです。

 

 

このように、車内清掃も意外と簡単に行うことができます。

 

適度に掃除を行って、日頃から車内を清潔に保つように心がけてくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車の面白い豆知識 

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ