【新社会人必見】新車購入の最新トレンド その1

目安時間:約 8分

新社会人になると、通勤で車が必要になる人もいますよね。

 

また、車があれば仕事が休みの日などに、ドライブに出かけて楽しむこともできます。

 

しかし、車の購入では「中古車と新車はどっちを買うのがいい?」や「ローンはどうすればいい?」など、わからないことがたくさんあります。

 

そこで、『【新社会人必見】新車購入の最新トレンド その1』についてお話ししますね。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

今の軽自動車はコストパフォーマンスが高くおすすめ

一般的に軽自動車は、小さくて可愛い車なので女性に向いているというイメージが強いですが、最近は男性向けの軽自動車もたくさん出ています。

 

また、近年の軽自動車は高性能で、高速道路も問題なくスイスイ走ることができますし、室内空間も広く、大人4人でも快適に過ごせる車種が多いんです。

 

税金や保険料が安いのも大きなメリットで、初めて車を購入する人にはおすすめです。

 

 

ただ、軽自動車は燃料タンクが小さめなので、1回の給油量が少なく給油頻度が多くなります。

 

また、660ccということもあって、アクセルを踏み込み気味になることが多いのが難点です。

 

 

 

一方、コンパクトカーは1000ccや1300ccエンジンを搭載するので、軽自動車ほど高回転までエンジンを回すことは少ないです。

 

また、軽自動車は高性能になった分車両本体価格も高くなり、今はコンパクトカーと変わらない値段のものが多くなっています。

 

 

 

車選びのポイントは、自分が車を持ったらどんな使い方をするか考えたうえで、ムダのない車種選びをすることです。

 

ウインタースポーツが趣味の人にはSUVがおすすめなど、用途明確にしてから自分にあった車種を選んでくださいね。

 

 

中古車を購入も選択肢のひとつ

大昔は、免許取り立ての若者が初めて車を持つときは、まず中古車を購入して、その後、新車を検討することが多かったです。

 

しかし、現代は「とりあえず中古車」という選択をする人は少なくなっています。

 

 

ですが、そんな中でもあえて中古車を購入する人もいます。

 

例えば、おじさん世代には珍しくないSSカー(スペシャリティカー)も、ミニバンが主流の時代で育った若者のなかには、かなり斬新に感じる人も多いです。

 

しかし、SSカーの新車は選択肢が少ないため、自ずと中古車から探して選ぶしかないんです。

 

 

海外メーカー車も、欲しいモデルの新車が登場した直後は、その先代モデルの最終型の方が完成度が高いと、中古車を好んで購入する人も多いです。

 

 

 

価格の安い中古車を買って、自分の想い通りに改造するなど、車に強いこだわりがある人が、好んで中古車に乗る傾向が高いんですよ。

 

また、新車には趣味性の高いモデルがあまりないため、中古車の方がバラエティに富んでいるんです。

 

新車にこだわらず、自分のほしい車を中古車の中から探し出すのもいいですよね。

 

 

ローンを組むならできるだけ親からお金を借りる「親ローン」がおすすめ

今、オートローンの世界では、「残価設定ローン」が主流になってきています。

 

残価設定ローンは、設定した残価をもとに3年や5年後の残価を算出して、その残価を最終支払い回分として据え置いて、残りを毎月支払っていくというものです。

 

最終支払い回では、再ローンを組んでそのまま乗り続けることもできますし、新車に代替えや、当該車両の返却を選ぶことができます。

 

販売店側は、新車に乗り換えるユーザーの囲い込みを狙っているため、金利を低く設定していることが多いです。

 

 

残価設定ローンは、月々の支払い額を抑えることができるのがメリットなんですが、残債が多めに残ることを考えると、新社会人には積極的にすすめられないローンです。

 

 

 

そこで、新社会人の特権ともいえるのが、親からお金を借りる通称「親ローン」です。

 

親ローンは、一般的に無利息で、催促も支払い期限もなく、出世払いでいいなど借り出し条件は、かなり緩いことが多いです。

 

たとえ全額でなくても、頭金を親に借りて不足分は通常ローンを組む方がいいです。

 

新車の購入は、できるだけ負担の少ない予算組みをすることが大切なんですよ。

 

 

新しい車の乗り方として、車をリースする「個人リース」も増えている

車のリースといえば、企業など法人のイメージが強いですが、最近は個人で車をリースする人も増えてきています。

 

個人向けリースは、リース料金に契約期間中の税金や車検代などの諸費用が含まれてため、「定額で新車に乗れる」という表現もされます。

 

 

新車販売の業界では、以前から携帯電話のように、電話機本体と通信料をコミコミにして月割する“定額制”を導入してみてはどうかという話がありました。

 

そんな中、この定額制のイメージに近い考え方で、新車購入を検討する傾向が強まっているんです。

 

 

今まで新車購入は、支払い総額で損得勘定を行うのが一般的でした。

 

ローンを使う場合でも、最終支払い額(利子込みの金額)がいくらになるのかという考えで値引き交渉を行っていました。

 

 

ところが最近は、残価設定ローンの普及によりオートローンの利用率が高まっています。

 

そのため、月々の支払い額が、自分の希望に収まるか否かで購入を判断する人も多くなっています。

 

商談でも「月々支払い額が3万円なら契約する」といったような値引き交渉を行うケースが目立っているんですよ。

 

 

 

このように、車の購入は、車選びだけでなく支払い方法も重要になります。

 

いきなり高額な車を購入して、ローンに苦しむことがないように気をつけてくださいね。

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ