末期モデルを買うメリットと商談のポイント。新型車とどっちが得?

目安時間:約 11分

新車をお得に購入したい人におすすめなのが「末期モデル」です。

 

近いうちにフルモデルチェンジされる新型車が発売される場合には、末期モデルは大幅な値引きが期待できます。

 

でも、やっぱり新型車も気になるという人も多いですよね。

 

そこで前回、「新型車を買うメリットと商談でのポイン」についてお話ししました。

 

※新型車をお得に買いたいなら予約購入
新型車と末期モデルはどっちが得?新型車を買うメリットと商談でのポイント

 

今回は、『末期モデルを買うメリットと商談でのポイント』についてお話ししますね。

 

これから新車を購入する予定の人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

新車を長く乗る予定の人は末期モデルがおすすめ

末期モデル車を購入する人は、“乗りつぶすからできるだけ安く買いたい”というタイプが多いです。

 

 

初回車検や2回目の車検で乗り換えを考えている人は、リセールバリューを気にします。

 

やはり、購入した直後にモデルチェンジが行われれば、買取り価格は一気に下がってしまいます。

 

マイナーチェンジの場合でも、大規模な改良が行われば、前期型のモデルの買取り価格は低くなってしまいます。

 

 

一方、末期モデルに関係なく軽自動車やミニバンは、低年式車(初回登録から何年も経っている車)でも比較的ニーズが高いため、売るときの値落ちは他のモデルと比べるて遅いです。

 

というのも通勤用で使いたいとか、会社の社員の送迎用などで使用するケースも多いため、中古市場では軽自動車やミニバンは思った以上に人気なんです。

 

SUVも海外のバイヤーに人気が高くて、低年式車でも驚くほどの査定額が付いたりします。

 

乗りつぶすつもりで乗っていて、内外装はボロボロの状態、しかも過走行状態のSUVでも意外に高い査定額が付くこともあるんですよ。

 

 

このように、最新の安全装置などはついていませんが、車種によっては末期モデルを購入してもリセールバリューは期待できるんです。

 

 

末期モデル車に特別装備を装着させた“特価車”を買うときは、損得勘定の計算を

末期モデル車は、発売直後の新型車に比べれば、いろいろな意味で“鮮度”が落ちています。

 

そのため、値引き条件は拡大するのですが、実は車両本体価格は昔ほど値引きされていないんです。

 

そのかわり、用品値引きや下取り査定額の上乗せなど、“値引き支援”を手厚くして総支払額をお得にしているんです。

 

 

ときどき折り込みチラシなどで、末期モデルをベースに“カーナビ無料サービス”や“30万円相当のオプションサービス”などが付く、特別価格車(特価車)が掲載されることがあります。

 

なかには「カーナビを含めて5品つけて30万円お得」などのケースもありますが、これは定価をベースに計算しているので、実際はそれほどお得でないことがほとんどです。

 

 

さらに営業マンも、「この車は特価車なのでこれ以上値引きの上乗せはできない」ということも多いです。

 

チラシの特価車は、値引きを抑えるために、見た目で“いろいろ付いてお得だ”と思わせているだけなんです。

 

特価車を車両本体値引きなしで、そのまま契約すると、買い得感はほとんどありません。

 

けれど、特価車でも値引きの余力は残っているので、大幅値引きが獲得できればお得感は高いです。

 

特価車を購入するときは、営業マンに惑わされずに、車両本体値引きもしっかり交渉してくださいね。

 

★末期モデルの傾向五箇条

 

1 長く乗るつもりならおすすめ
2 特価車多くとにかく割安で買える
3 装備はやや驕ったものにしておこう
4 オーダーストップには気をつけろ
5 販売店在庫車がより買い得である
(引用元:CARトップ)

 

 

新型車は予約購入で好条件を引き出そう

いまどきは、値引きが渋い新型車は、限定的なモデルだけなんです。

 

発売直後は値引きが渋くなりますが、発売前の予約購入の商談では、かなりの好条件が提示されるケースが多いんです。

 

お得に新型車を購入したいなら、発売前を狙うのがポイントなんですよ。

 

予約購入での商談は、下取り査定額が値引き拡大を大きく左右するので、しっかり交渉してくださいね。

 

※下取り査定額の上乗せを狙うなら、車買取店との競合は必須です
車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ

 

 

ここ数年、新型車の納期遅延は当たり前となっています。

 

しかも、予約購入の活発化が納期遅延をより悪化させていて、発売後の納期遅延はかなり深刻となっているんです。

 

新車販売店も、納期遅延のトラブルを回避するため、発売直後は積極的な売り込みを控えています。

 

そのため、発売直後の新型車は、値引き条件は渋くなってしまうんです。

 

 

「新型車は、現車を見てから購入したい」という人は、発売直後より、半年くらい経ってから商談するのがおすすめです。

 

通常の値引き額になったり、購入者の口コミや評価など検討するための情報も充実したりするからです。

 

 

末期モデルをお得に購入したいなら、新型車の値引き条件をぶつけよう

末期モデルを購入するときの注意点は、「オーダーストップ」です

 

オーダーストップ後は、新たな生産をメーカーに発注することができないので、販売店のストック車両から選ぶことになります。

 

販売店側は、オーダーができなくなると在庫車の個々で利益計算をすることになるので、値引きアップはかなり厳しくなってしまうんです。

 

また、在庫車をあえて狙ってくる人も多いので、在庫車がなくなってしまうこともあります。

 

フルモデルチェンジなどの情報を耳にしたら、一度ディーラーに行き、必ずスケージュール確認をしてくださいね。

 

 

末期モデル車の値引き交渉で効果的なのは、よりデビューの新しいモデルの値引き条件と競わせることです。

 

ただし、予約販売中の新型車と競わせると「新型車を予約してまで買いたいんでしょ」というふうに、“末期モデルは買う気がない”と思われてしまい、値引きが渋くなってしまうことがあります。

 

「よりデビューの新しいモデルと競わせる」といっても、発売前のモデルをぶつけるのはやめてくださいね。

 

 

なぜ、末期モデルの値引き条件を拡大するのに、新型車と競わせるのがいいのでしょうか?

 

いまや新型車の予約販売の値引きを左右するのは、下取り査定額や用品値引きとなっています。

 

末期モデルより車両本体値引きが少なくても、下取り査定額の上乗せや用品値引きが拡大すれば、新型車でも末期モデルと価格的に互角の勝負となるんです。

 

そのため末期モデルを早く売りたい営業マンは、新型車に負けない条件を提示してくることになるからなんです。

 

 

また、営業マンに「B車もいいけど納期に時間がかかるから」と話を振れば、末期モデルは納期が早いのも売りなので、営業マンも勝機ありと好条件が期待できます。

 

新型車の意外な値引き条件と、末期モデルならではの納期の早さを上手く使えば、末期モデルをかなりお得に購入できる可能性があるんです。

 

 

ちなみに、商談を進めているときに、当初は納期がかかりそうといっていたのに、「急に納車が早まった」と営業マンがいってきたとは要注意です。

 

納車される車が“長期在庫車”の可能性が高いからです。

 

かなりの長期在庫車は“完成検査終了証”の期限が切れていて、登録申請時に車両を持ち込む必要があるので諸経費が高くなってしまうんです。

 

車両の状態もサビが発生していないかなど、気になることも多いので長期在庫車には注意が必要です。

 

 

★上手な商談の進め方五箇条

 

1 新型車の値引き好条件は末期モデルに効果的
2 納期の短さは末期モデルの攻めの一手
3 長期在庫車にはご用心
4 デビュー直後の購入は避けたほうが無難
5 下取り査定額が値引きアップの突破口
(引用元:CARトップ)

 

 

新型車を購入するときも、末期モデルを購入するときも、上手に商談を行ってお得に購入してくださいね。

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ