商談時の注文書のチェックポイント。新車をお得に購入するコツ

目安時間:約 4分

新車を購入するとき、営業マンとの商談後に注文書の作成をしてもらいますよね。

 

そのとき、注文書をきちんとチェックできていますか?

 

なぜなら、注文書には意外と知らない落とし穴が隠されてるんです。

 

そこで、新車をお得に購入するために、注文書のチェック項目についてお話ししますね。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

口約束は禁物、必ず明細書に記入してもらうこと

契約時に気を付けなくてはいけないことは、営業マンとの口約束です。

 

営業マンは、契約を決めたいときなど「そのサービスは後で上司と相談して詳細は決めますね」などと言って、注文書にその内容を記載しないで捺印を求めてくることがあります。

 

しかし、このような場合は、約束したこと全てが記載してある見積書や、取り決めした内容を裏書させた名刺を「念書」代わりに作成してもらってください

 

そして、必ず営業マンの署名と捺印も忘れずに記入してもらってください。

 

正式な注文書にも記入漏れがないかも、必ず確認してから署名・捺印してくださいね。

 

 

下取車のリサイクル料金には注意

下取り査定で注意が必要なのは、リサイクル料金の取り扱いです。

 

下取りしてもらった車が再販される場合は、リサイクル料金は還付されます。

 

しかし、この還付金の取り扱いは販売店によってさまざまで、下取り査定額に含める販売店と、別に計上する販売店があります。

 

特に、低年式で解体寸前の車の場合は、リサイクル料金が下取価格に合算されるかされないかでも価格が大きく違ってきます。

 

なので、営業マンには、注文書に記載されている下取り査定額に、リサイクル料金が合算されているか別計上なのかをしっかり確認してくださいね。

 

 

販売促進キャンペーンには惑わされてはいけない

夏商戦や年度末商戦などの増販期には「下取り査定サポート」などといって、下取り価格が一律で数万円~数十万円上乗せされることがあります。

 

数万円も上乗せされた査定額を見ると、好条件がでたと錯覚してしまいますよね。

 

しかし、この査定額に惑わされてはダメなんです。

 

あくまでも、下取り査定サポート分を引いた、本来の査定額で損得を見極めてくださいね。

 

本来の下取り査定額が安いと、損をしてしまうので注意ですよ。

 

 

諸経費カットの申し出は交渉の終盤でおこなう

少しでも車を安く買いたいからといって、商談の初めから諸経費のカットを切り出すのは、営業マンにいい印象を与えません。

 

商談の最初に諸費用カットを切りだすと、値引き額が伸び悩んでしまうことがあるんです。

 

商談の最初は、車両本体価格の値引きや付属品値引きをメインに交渉を進めてください。

 

そして、交渉が終盤を迎えるタイミング(契約寸前)で、諸経費カットを申し出ると営業マンも「契約してもらえるんなら」とOKが出やすいんです。

 

 

新車をお得に購入するためには注文書の記載に惑わされず、きちんとチェックすることが大切です。

 

このようなことを参考に、少しでもお得に購入してくださいね。

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ