ソリオとトール4姉妹を比較。使い勝手が良いのはどっち?

目安時間:約 7分

2016年11月9日にハイルーフコンパクトカーの新型車ダイハツ・トール、トヨタ・ルーミー/タンク、スバル・ジャスティが発売されました。

 

この4車種は兄弟車で、ダイハツが軽自動車のノウハウを活用して開発しました。

 

また、ハイルーフコンパクトカーといえばスズキ・ソリオが有名で、同時期にストロングハイブリッド仕様を発売しました。

 

ハイルーフコンパクトカーは、後席が広く、荷室もたくさんの荷物が積めことから、子育て中のファミリーを中心に、多くの世代に人気の車です。

 

そこで、カー雑誌『ザ・マイカー』が、ダイハツ・トールとスズキ・ソリオの使い勝手を比較しましたので、結果を紹介しますね。

 

ハイルーフコンパクトカーの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

荷室の広さはトールの勝ち。荷室の床を低く抑えてあるので収納性が抜群

ソリオのボディサイズは全長×全幅×全高:3710×1625×1745mmで、トールのボディサイズは全長×全幅×全高:3700×1670×1735mmとなっています。

 

 

ソリオの全長は3710mmと短く、全幅はハイルーフコンパクトカーの中では狭い1625mmなので、狭い道路や駐車場でも運転がしやすいです。

 

全高も高くて、室内空間はミニバンと同じように優れているので、“プチバン”といってもいいくらいです。

 

後席は両側スライドドアなので、乗降時にドアパネルが外側へ張り出すことがなく、狭い空間でもドアの開閉や荷物の積み込みが楽にできますよ。

 

また、床が低めなので乗り降りもしやすく、ボディが小さいわりに各ドアの開口部は広くなっていて、荷室の高さも余裕があるんです。

 

ミニバンのようなスライドドアと広い開口部が特徴のクルマです。

 

 

トールの全長は、標準ボディが3700mmなのでソリオと同等です。

 

全幅は1670mmでソリオより45mm広く、全高は1735mmなのでソリオより10mm下回ります。

 

全幅以外は、トールもソリオも同じくらいの大きさなんです。

 

ただ、全幅が45mm広い分、後席の広さに余裕を感じることができるんです。

 

後席スライドドアの開口部は540mmとソリオより少し狭いですが、開口部の高さはトールのほうが40mm余裕がありますよ。

 

 

また、バックドアを開けたときの開口高は、ソリオより100mm以上も低いんです。

 

そのため、自転車を積むときでも前輪を大きく持ち上げる必要がなく、女性でも楽に積めます。

 

スライドドアに高さがあり、荷室の床が低くて使い勝手が良い車です。

 

 

後席の乗り心地は、ソリオの方が快適

ソリオもトールも、身長170cmの大人が4人乗車しても広くて快適です。

 

後席を後端までスライドさせたときの膝先空間は、握りこぶし3つ以上あり、Lサイズのセダンより広いんです。

 

 

後席の座り心地を比べると、ソリオのほうが快適です。

 

ソリオは、床と座面の高さが十分あるので快適に座れます。

 

一方、トールは、床と座面の高さが足りないので足を前に投げ出す座り方になりやすく、座面の柔軟性も乏しいです。

 

荷室の収納性や使い勝手はトールの方が優れていますが、後席の乗り心地はソリオの方が快適です。

 

 

ソリオもトールもシートアレンジが多彩

ソリオのシートアレンジは多彩で、後席は左右分割してスライドと格納ができます。

 

後席の背もたれを前に倒すと座面も下降するので、フラットで広い荷室を作ることができるんです。

 

段差のない荷室は、自転車なども積みやすく有効に活用できて便利ですね。

 

前席と後席をリクライニングさせて連結すると、ベッドのように足を伸ばして休憩できるのも嬉しいポイントです。

 

 

トールの後席は、軽自動車のタントをベースに開発されていて、左右独立してスライドと格納ができます。

 

背もたれを前に倒して、さらに床面に落とし込むように格納すると、フラットな空間を作れます。

 

操作に手間を必要としますが、ソリオより床の低い荷室になるので、荷室高はかなり余裕がありますよ。

 

ただし注意したいのは、後席を落とし込むように格納すると、前席のスライド量が制限されてしまうことです。

 

前席をフルに後方までスライドできないので、背の高いドライバーは、運転に支障がでないか確認が必要です。

 

 

ソリオもトールも、シートアレンジの自由度は高く、前後席をリクライニングして後席と連結すれば、ベッドのようになるので車中泊もできます。

 

軽自動車にも同じような機能がありますが、ソリオやトールのように後席背もたれを寝かせられないので、この2車の方がかなり快適なんです。

 

 

このように、居住性は、後席の座り心地が柔軟なソリオが快適です。

 

一方、トールの方が、荷室の機能が優れています

 

ソリオは後席を簡単に畳める手軽さはありますが、大きな荷物を積むときの使い勝手はトールが優れています。

 

それぞれ特徴があるので、用途に合ったほうを選んでくださいね。

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ