JC08モードが廃止され、WLTPモードに変わると燃費はどうなる?

目安時間:約 6分

現在、日本では燃費基準として「JC08モード」が使われています。

 

けれど、2018年10月から、「WLTPモード」という新燃費基準に変更されます。

 

約1年半後には新燃費基準に変わりますが、いったいどのようになるのでしょうか?

 

JC08モードが廃止され、WLTPモードに変わると燃費はどうなる?』についてお話ししますね。

 

 

「下取り査定額の上乗せ」を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 商談で下取り査定額を上乗せを引き出したい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、下取りよりも何十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

WLTPモードになり、世界共通の燃費規格に

2011年4月1日以降に型式認定を受けたクルマから表示が義務付けられた「JC08モード燃費」。

 

このJC08モード燃費の表示が終了し、2018年10月から「WLTP」という新燃費測定モードに変更されます。

 

WLTPは、「ワールドハーモナイズド・ライトビークル・テスト・プロシージャ」の頭文字をとったもので、各国バラバラだった燃費測定方法を統一する、世界共通の燃費規格です。

 

 

車好きでなくても、JC08モード燃費(カタログ燃費)は実燃費との差が大きく、3~4割も悪いのはザラというのは有名です。

 

けれど、WLTPモードになると、実燃費との差を小さくなり、カタログ燃費と実燃費がより近い数値になるんです。

 

※JC08モード燃費は、低負荷を中心とした測定となっています

実燃費はJC08モード燃費(カタログ値)の7~8割しかない

 

 

JC08モードとWLTPモードが大きく異なるところは、以下のように、測定方式が最高速度に応じて4つのフェーズに分かれているところです。

 

(1)60km/hまでの低速走行(市街地を想定)

(2)80km/hまでの中速走行(郊外などを想定)

(3)100km/hまでの高速走行(高速道路などを想定)

(4)130km/hの超高速走行(高速道路などを想定)

 

(4)の超高速走行は、国によって任意の選択ができ、日本は走行実態から除外しました。

 

なので、(1)から(3)まで3つの速度フェーズで燃費を測定し、それぞれのフェーズと平均燃費の数値が表示されるようになるんです。

 

新燃費表示のイメージ

 

現行(JC08モード)

●.●km/L(平均値のみの表示)

日本だけの基準

 

 

新表示(WLTP)国際基準

〇.〇km/L(平均値の表示)

■.■km/L 市街地

▲.▲km/L 郊外

◆.◆km/L 高速道路

 

走行モードの違いごとにも燃費を表示

(引用元:ベストカー)

 

 

WLTPモードになると、アイドリングストップ車やハイブリッドは不利に

JC08モード燃費からWLTPモードになると、以下の表のように測定内容も大きく変わってきます。

 

 

JC08モードからWLTPで変わる測定内容

 JC08WLTP

(Class3b)

最高速度81.6km/h97.4km/h+15.8km/h
平均速度24.41km/h36.57km/h+12.16km/h
最高正加速度5.5km/h/s5.7km/h/s+0.2km/h/s
走行時間20分04秒24分37秒+4分33秒
総走行距離8.17km15.01km+6.84km
アイドリング時間比較29.7%15.4%ー14.3%
コールドスタート比率25%100%+75%

(引用元:ベストカー)

 

 

 

経済産業省の検証資料にも記載されていますが、WLTPは停車時間(アイドリング時間)が減るので、JC08モード燃費で有利だった「アイドリングストップ機能搭載車」や「ハイブリッド車」は、大きく燃費数値が悪くなる可能性があるんです。

 

 

また、JC08モード燃費では、車両重量を区切って測定していました。

 

けれど、WLTPモードは実重量で測定となります。

 

JC08モード燃費では、燃費数値をよくするために、境界ぎりぎりの軽い区分に滑り込む車両(燃費スペシャル車両)がありましたが、WLTPでは通用しなくなるんです。

 

 

このようにWLTPモードになると、カタログ燃費は大きく変わり、実燃費にさらに近づきます。

 

カタログ燃費と実燃費のかい離は、大きく問題となっていたので、差がなくなることはいいことですね。

 

WLTPになったときに、現在販売されている車の燃費数値がどのようになるか楽しみですね。

愛車の下取り価格をアップしたいなら車買取一括査定の利用は必須

かんたん車査定ガイド
 

参加しているのはJADRI加盟の優良企業だけなので安全!

たった45秒で申し込みができ、最大10社から査定を受けることができます。しかも、申し込み後、すぐにあなたの愛車の概算の最高査定額を教えてくれます。査定してくれる業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので、初めての人でも安心です。

車査定・買取の窓口
 

かんたん、手間なし!車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービス。あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOKです。

車査定比較.com
 

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

上場企業が運営している車買取一括査定サイトなので安心です。全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携していて、数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれます。


↑↑↑

【無料でできます!】

ブログ内検索
新車をお得に購入するコツ
車を高く売る方法
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ